>

追証にご用心

追証の仕組みとは

追証は、レバレッジ取引でよく聞かれる言葉です。
例えば、あなたが100万円をFXに投資したとします。
この100万円が証拠金と呼ばれるものです。
そして10万円の損失を出してしまったとします。
その10万円は当然あなたの証拠金から差し引かれます。
この場合はまだあなたが損失を支払っている状態です。
では、200万円の損失を出してしまったらどうなるのでしょう?
当然あなたの証拠金は100万円しかありませんから、支払えません。
FX会社からは「このままでは強制決済をしなくてはなりません。追加金を支払ってください」と連絡がきます。
この追加金が追証と呼ばれ、FX会社からの上記の連絡はマージンコールと呼ばれています。
追証は、レバレッジが高ければ高いほど、当然高額になります。
支払えない場合は、強制決済が実行され、あなたが保有しているポジションはすべて失うことになります。

追証を防ぐために

追証を防ぐ最良の方法は、やはり損切りです。
追証をしてもどんどん損失が膨らんでしまう可能性が高いのですから、傷が浅いうちに自分のルールに従って潔く損切りしてしまいましょう。
また、証拠金を少額に抑えること、レバレッジをかけ過ぎないことも重要です。
FXの記事を読むと大儲けした人の談話などを目にすることがありますが、こういった人々は一握りです。
利益ばかりに注目せずに、最初は少額から始めて様子を見るようにしましょう。
さらに、海外のFX会社では、追証が発生しないところも多くあります。
つまり、損失分を会社が支払ってくれるため、あなたが損失分を支払わなくてよいということになります。
興味がある方は一度調べておかれると良いでしょう。


この記事をシェアする