>

損切りの見極め方とは

損切りはなぜ必要か?

損をすることが分かっているのに、損切りをする必要性があるのかと考える方も多いかもしれません。
特に初心者の方は、「もう少し持っていればまた値上がりするかもしれない。」と考えてしまいます。
そして、さらに値下がりし、損失がどんどん膨らんでしまうのです。
これは初心者の方に限ったことではありません。
ある程度取引に慣れている人であっても、損切りが出来ないという人は多いようです。
では、損切りしないままでいるとどうなるか?
当然、証拠金が底をつき、退場に追い込まれたり追証が発生したりします。
損切りも勉強のうちと考えて、潔く実行することをお勧めします。
ただ、損切りのタイミングが分からないという方も多いかもしれません。
こちらについては、次の記事でご紹介します。

見極めのタイミング

損切りのタイミングの見極め方については、「自分なりのルールを決めておこく」のが一つのコツだと言われています。
例えば、「資金の5パーセントを失ったら損切りする」、あるいは「相場が自分の予想に反したら、すぐに損切りする」ことです。
損失が膨らまないうちに、スパッと損切りしてしまうとあらかじめ自分なりのルールを決めてしまうことが大切です。
ただ、これは思った以上に難しいことでもあります。
「損切りした後に上昇したらいやだな」などと考えて、ずるずる保有してしまうのは、人間の心理にありがちなことですね。
しかし、これが損失を膨らませる大きな原因になってしまうのです。
そして、「まだ値上がりするかも」という淡い期待は、根拠のない願望に過ぎません。
大損をしないうちに潔く損切りする勇気を持つほうが、後々大きな利益につながると言えるでしょう。


この記事をシェアする